Raspberry Pi 3(RASPBIAN JESSIE)OSインストールから初期設定【セットアップ前編 】

 Raspberry Pi 3のOSインストールから初期設定までを説明します。

次回:

hirazakura.hatenablog.com

1. 準備するもの

  ※SDカードにはRaspberyPiとの対応していないものもあるので注意

 

2. OSのダウンロードとインストー

2-1. OSのダウンロード

RaspberyPi用のOS、RASPBIANには WITH PIXELLITEの2種類あります。

  • WITH PIXEL版はGUI(デスクトップ環境あり)
  • LITE版はCUI(デスクトップ環境なし)

今回は、RASPBIAN JESSIE LITEを使います。

 

以下のサイトからOSイメージファイルをダウンロードします。

RASPBIAN JESSIE LITEの「Download ZIP」を選択します。

Download Raspbian for Raspberry Pi

f:id:hirazakura:20170505012803p:plain

 

ダウンロードが完了したら解凍します。

f:id:hirazakura:20170506195639p:plain

 

2-2-a. OSのインストール(Windows編)

Macの人はスキップ

OSのインストールを行うためにSDカードをフォーマットします。

 

SDカードをフォーマットするためにSD Formatterを使います。

以下のサイトから「同意します」を選択してダウンロードします。

SD Formatter for Windows

  f:id:hirazakura:20170505110839p:plain

 ダウンロードしたzipファイルを解凍し、setup.exeを実行しインストールします。

 microSDカードをパソコンに挿入します。

 

「SDFormatter」を起動します。

 

「Drive」がフォーマットを実施するmicroSDのドライブになっているか確認する。

「オプション設定」を選択します。

 f:id:hirazakura:20170506214428p:plain

 

「消去設定」を「イレースフォーマット」にします。

「論理サイズ調整」を「ON」にします。

 f:id:hirazakura:20170506214442p:plain

 

 設定が完了すると「フォーマット」を選択し、フォーマットを開始します。

 f:id:hirazakura:20170506215222p:plain

 

 以下のようなダイヤログが表示されると「OK」を押します。

 f:id:hirazakura:20170506200755p:plain

 

 フォーマットが完了すると終了してください。

 f:id:hirazakura:20170506211049p:plain

 

 SDカードにOSを書き込みます。

 

 SDカードにOSを書き込むためにWin32DiskImagerを使います。

 以下のサイトから「win32diskimager-1.0.0-insatll.exe」を選択してください。

 Win32 Disk Imager

 f:id:hirazakura:20170505013701p:plain

ダウンロードした「win32diskimager-1.0.0-install.exe」を実行しインストールします。

 

「Win32DiskImager」を起動します。

フォルダアイコンを選択します。

f:id:hirazakura:20170506211903p:plain

 

先ほどダンロード&解凍したRaspberryPiのOSイメージファイルを選択します。

f:id:hirazakura:20170506211854p:plain

 

「Device」がOSをインストールするSDカードのドライブになっているか確認する。

「Write」を選択します。

f:id:hirazakura:20170506211844p:plain

 

以下のようなダイヤログが表示されると「Yes」を押します。

f:id:hirazakura:20170506211832p:plain

 

 書き込みが完了すると終了してください。

f:id:hirazakura:20170506211820p:plain

 

2-2-b. OSのインストール(Mac編)

Windowsの人はスキップ

 

f:id:hirazakura:20170509163859p:plain

ターミナルを起動します。

以下のコマンドでダウンロードしたOSイメージファイルを解凍します。

※解凍してある人は実行しなくてよい

$ unzip 2017-04-10-raspbian-jessie-lite.zip

 

SDカードを挿入しカードの場所を調べます。

$ diskutil list

 

SDカードをフォーマットします。(例 マウント先/dev/disk2の場合)

$ diskutil eraseDisk FAT32 RPI /dev/disk2 

 

フォーマット後、一度SDカードをアンマウントします。

$ diskutil unmountDisk /dev/disk2

 

SDカードにOSのイメージファイルを書き込みます。

2017-04-10-raspbian-jessie-lite.img」のあるディレクトリに移動してから以下のコマンドを実行してください。

$ sudo dd bs=1m if=2017-04-10-raspbian-jessie-lite.img of=/dev/disk2

 

3.OSの起動と初期設定

OSを書き込んだmicroSDを、RaspberryPi本体に挿入します。

f:id:hirazakura:20170506233908p:plain

 

本体に、HDMIケーブル、キーボード、LANケーブル、電源を接続し起動します。

f:id:hirazakura:20170507004221p:plain

 

無事「login」まで表示された成功です!

f:id:hirazakura:20170507012304p:plain

 

以下の初期ユーザー名とパスワードを入力し、ログインします。

初期ユーザー名:pi

初期パスワード:raspberry

 

基本設定をしていきます。

「raspi-config」コマンドを実行します。

$ sudo raspi-config

以下のような画面が表示されます。

操作は、矢印キーとtabで移動し、Enterで選択します。

f:id:hirazakura:20170507130539p:plain

 

SDカードの使われていない領域を使えるようにする。

「Advanced Options」を選択します。

f:id:hirazakura:20170507130630p:plain

 

「Expand Filesystem ...」を選択します。 

f:id:hirazakura:20170507130652p:plain

 

 「OK」を選択する。

f:id:hirazakura:20170507130805p:plain

 

タイムゾーンを設定します。

「Localisation Options」を選択します。

f:id:hirazakura:20170507130831p:plain

 

「Change Timezone」を選択します。

f:id:hirazakura:20170507205629p:plain

 

 「Asia」を選択します。

f:id:hirazakura:20170507130904p:plain

 

 「Tokyo」を選択します。

f:id:hirazakura:20170507130916p:plain

 

「Finish」を選択して「raspi-config」を終了します。

 

Rasbianのパーケージを最新のものに更新します。

Do you want to continue? [Y/n] と聞かれたら「y」を入力する。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get upgrade

 

本体のファームウェアのアップデートをします。

$ sudo rpi-update

「rpi-update」コマンドが見つからない場合は以下を実行してください。

実行後、再びアップデートしてください。

$ sudo apt-get install -y rpi-update

 

一度、再起動します。

$ sudo reboot

 

テキストエディタVimをインストールします。

$ sudo apt-get install -y vim

 

以上で、初期設定は終了です。

次回

Raspberry Pi 3(RASPBIAN JESSIE)SSH・ネットワーク設定・ユーザー変更【セットアップ後編】