Raspberry Pi 3(RASPBIAN JESSIE)SSH・ネットワーク設定・ユーザー変更【セットアップ後編】

 Raspberry Pi 3のSSH接続とネットワーク設定、ユーザーの変更の説明します。

前回:

hirazakura.hatenablog.com

1. SSH準備

SSHを有効にします。

「raspi-config」コマンドを実行してください。

$ sudo raspi-config

 

「Interfacing Options」を選択します。

f:id:hirazakura:20170507130937p:plain

 

SSH」を選択します。

f:id:hirazakura:20170507130947p:plain

 

「YES」を選択します。

f:id:hirazakura:20170507131002p:plain

 

「OK」を選択します。

f:id:hirazakura:20170507131012p:plain

 

一度、再起動します。

$ sudo reboot

 

以上でSSHが有効になりました。 

 

2. ネットワーク設定

SSHでログインするためにネットワークの設定を行います。

※今回ファイルの編集にはvim使いますが、好きなテキストエディタを使ってください。

vimコマンド

escキーを入力してから...

・i (インサートモード)

・:wq(保存して終了)

・:q(終了)

2-1. 有線LAN(イーサネット)設定

 /etc/dhcpcd.confファイルの最後に以下の設定を追記し、IPアドレスを固定します。

$ sudo vim /etc/dhcpcd.conf

 

interface eth0

static ip_address=X.X.X.X/24

static routers=X.X.X.1

static domain_name_servers=X.X.X.1

※設定例 IPアドレス(192.168.0.10)の場合

IPアドレス:192.168.0.10

サブネットマスク:255.255.255.0

ルーター:192.168.0.1

DNS:192.168.0.1

interface eth0

static ip_address=192.168.0.10/24

static routers=192.168.0.1

static domain_name_servers=192.168.0.1 

 

再起動して適用させます。

$sudo reboot

 

2-2. 無線LANWiFi)設定

無線LANSSIDとパスワードを設定します。

SSIDとPASSWORDの部分は各自の無線LANに対応するように書き換え、以下のコマンドを実行します。

 $ sudo sh -c 'wpa_passphrase (SSID) (PASSWORD) >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf'

 

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confファイルに無線LANの生のパスワードが残っているので削除します。

$ sudo vim /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

 

country=GB

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev

update_config=1

network={

   ssid="xxxxxxxxxx"

   #psk="xxxxxxxxxx" (削除する)

   psk=46e0...

}

 

有線LANと同様に無線LANのネットワーク設定も固定します。

sudo vim /etc/dhcpcd.conf

※設定例 IPアドレス(192.168.0.10)の場合 

interface wlan0
static ip_address=192.168.0.10/24
static routers=192.168.0.1
static domain_name_servers=192.168.0.1

 

再起動して適用させます。

sudo reboot

 

3. Windows環境用の準備

Macの人はスキップ

Windowsの場合、SSHをするために用意するものがあります。

SSHクライアントとしてTeraTermを使います。

 

以下のサイトから「teraterm-4.94.exe」を選択しダウンロードします。

ダウンロードファイル一覧 - Tera Term - OSDN

f:id:hirazakura:20170509152241p:plain

 

teraterm-4.94.exe」を実行しインストールします。

 

4. SSH接続

Windows

Windows環境用のSSH接続方法です。

 

Tera Term を起動します。

f:id:hirazakura:20170509003000p:plain

ホストに設定したIPアドレスを入力し「OK」を選択します。(例 192.168.0.1)

f:id:hirazakura:20170510135607p:plain

 

「続行」を選択します。 

f:id:hirazakura:20170510135617p:plain

 

Raspberry Piのユーザ名とパスフレーズを入力し「OK」を選択します。

ユーザ名:pi

パスフレーズ:raspberry

f:id:hirazakura:20170510135628p:plain

 

以下のような画面が表示されるとSSH接続成功です。

f:id:hirazakura:20170510135637p:plain

 

Mac

ターミナルを起動します。

f:id:hirazakura:20170509163859p:plain

ssh ホスト名@IPアドレス」を入力してください。

$ssh pi@192.168.0.10

 

「Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?」と聞かれたら「yes」を答えてください。

Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes 

 

Raspberry Pi のパスワードを入力してください。

pi@192.168.0.10's password:(パスワード)

 

以下のような画面が表示されるとSSH接続成功です。

f:id:hirazakura:20170510135705p:plain

 

5. ユーザー変更

新しいユーザーを追加します。

以下のコマンドを実行してください。好きなユーザー名を入力してください。

($sudo adduser 新規ユーザー名)

$ sudo adduser username(例 新規ユーザー:username)

 

以下のように出力されるので、

Adding user `username' ...

Adding new group `username' (1001) ...

Adding new user `username' (1001) with group `username' ...

Creating home directory `/home/username' ...

Copying files from `/etc/skel' ...

Enter new UNIX password:(新しくパスワードを入力する)

Retype new UNIX password:(再びパスワードを入力する)

passwd: password updated successfully

Changing the user information for username

Enter the new value, or press ENTER for the default

Full Name :(空欄のままエンターを入力する)

Room Number :(空欄のままエンターを入力する)

Work Phone :(空欄のままエンターを入力する)

Home Phone :(空欄のままエンターを入力する)

Other []:(空欄のままエンターを入力する)

Is the information correct? [Y/n] y(yを入力する)

  

「pi」が所属しているグループを調べます

$ groups pi

 以下のように出力されます。

pi : pi adm dialout cdrom sudo audio video plugdev games users input netdev spi i2c gpio

 

新しく作成したユーザー(username)に「pi」と同じグループを追加します。

$ sudo usermod -G pi,adm,dialout,cdrom,sudo,audio,video,plugdev,games,users,input,netdev,spi,i2c,gpio username

 

groupが追加されてことを確認します。

先ほどの「pi」ユーザーのように表示されたら完了です。

$ groups username

 

新規ユーザーでログインできるか確認します。 

$ su username

 

 

「pi」 のユーザーを削除します。 

一度、再起動します。

$ sudo reboot

作成したユーザーでログインしてから以下のコマンドを実行してください。

$ sudo userdel -r pi

 

以上で、SSH接続、ネットワーク設定、ユーザーの変更が完了しました。